いろはにほへと

思いつくままに……

※ 初めまして

 

初めまして、Irohaと申します。

松本潤くん贔屓の甘やかし隊です。長い年月、芸能界にいながら変わらず自分の色をつらぬく純粋でまっすぐな潤くんが好きでしかたないモンペです。嵐は物心ついた頃から当たり前にテレビでみていたホッとする存在で、あの5人にしかだせない空気感とグループとしてのバランスが大好きです。活動休止後も陰ながら応援しています。

誰かのファンをやっていると色んな意見があります。とくに嵐のようにファンが多いとそれだけ情報量も多く、自分自身も考え込んでしまうことがあります。ですので、自分の気持ちの整理+同じように悩む人の心を少しでも軽くできれば、と思い書かせていただいています。もちろん全ては私の主観ですが、なるべく心地よい場所にできれば…

 

アイドルは限りあるもの。

“嵐”が続いていく限りは彼らの味方でありたい…

 

そんな想いを胸に自分なりの言葉をつむいでいきます。普段はTwitterに生息しています。リプ、DM、マシュマロなどは気軽に送ってください。

2021. 1.1  Iroha

家潤と例のモノマネについて

 

2023年 NKH大河ドラマ

「どうする家康」

主演 松本潤

「2023年 松本潤まつ」の画像検索結果

おめでとう!!!!!!!!

 

潤担が息を吹き返した瞬間だった、やっぱり潤くんからのサプライズは予想を遥かに超えたとんでもないスケールのものだった。「どうする家康」ってタイトルがまたいい、大河は少しハードルを感じるけどタイトルから抜け感があってとっつきやすそう。潤くんの場合、名前と顔ですでに天下とってしまってる感はあるけど、潤くんが思い描く家康をどう演じるのか、そしてどんなメッセージを込めてくるのか本当に楽しみにしてます。

 

それに潤担にとってこのお仕事の最高の特典は”1年間松本潤が観れる券”がついてくること!こんなに素晴らしい特典ありますか?ほんとありがとうございます。嵐が活休するまで出演の返事を待ってもらったというのもほんとね、潤くんだよね……彼の人柄をそのまんま表した行動で泣けちゃったな。2023年ということでまだしばらく先の話で今は会えないけど、その間に他のお仕事で会えるかもしれないしゆっくり待つ潤します。

 

 

そんな潤ちゃんからファンへの激励

 

ファン「じゅーん!会いたいよ寂しいよ!」

 

じゅん「……頑張ってください 笑」

 

 

めちゃくちゃ塩~~~~!!!!!!!!

 

でもすんごい愛感じるのこれが潤ちゃんだよね、照れ隠しもあるだろうし近しい人こそ雑に扱うで有名な彼なのでかわいいよほんとかわいいよmy baby~~~!!!!!

 

 

 

 

話はガラっと変わり、例のモノマネについて少し思うことがあるので触れてます。大丈夫な方だけどうぞ……

 

 

 

去年からざわついてて、前のアカウントのマシュマロで「いろはさんはどう思ってますか?」と聞かれたので、”やめてほしいと思ってます” そうお答えました。少クラでモノマネをやり始めたときはとっても好きだったんです、純粋に面白かったしジャニオタだけしかわからない身内ネタみたいな感じで一視聴者として楽しんでました。2015〜2016のカウントダウンで潤くん本人とコラボしたときも潤くん自ら寄せにいってる優しさも感じていたし微笑ましくみていました。ですが、地上波でやり始めてから目につくようになり、シンプルに昔のほうが面白かったのと先輩たちへのリスペクトも感じていて、今のモノマネをみてると全く潤くんがしてない動きを入れてたり、もはやモノマネでもない?となると多くの潤担からしたら、ネタに使われてるだけ、バカにされてる、そう捉える人が出てきても致し方ないと思ってます。彼が元々潤くんを尊敬していたのは本当だと思うし今も好きなんでしょうけど、明らかなビジネス臭しかしなくなったことで、私も見方が変わってしまいました。

 

ただ、彼のモノマネへの気持ちとは別に、、この間のVS魂でMCとして彼にネタを振った相葉くんが、手を振ってまつじゅ~んと言ったこと、それに対して不快に感じたのか相葉くんにまで冷たい言葉を投げてる人を見かけました。たしかにあれがニノなら「似てねーよ」とツッコんで笑いにしたかもしれないし、翔さんなら俺が怒るよ、と反論したかもしれない。嵐のメンバーには強く否定してもらいたい、その気持ちはわかるけど相葉くんも最終的に「それは叩かれるわ」と笑いにかえて上手くその場を終わらせていたので、まあしょうがないよなと思っていました。

 

今回のことで相葉くんに怒りの矛先が向くのはおかしいなと思ったし、モノマネしないで、そう意見してるだけならいいけど、その一線を超えてハードな物言いをしてる人も見かけたのでこれは一歩間違えると怖いなと思っています。些細なことからあちら側に転げ落ちるのは簡単だし、”意見”の範囲で終わってくれたらいいな、というのが本音です。少しずつ発言がエスカレートしてるのは本人がよっぽど意識しないと気づけないだろうし、そういう意見の人は同じ意見の人と固まるだろうからよけい見境なくなるのは本当に危険だなと思ってます。

 

いま、潤くん本人が見れないのでよけいそういう感情に拍車をかけてる気もしますが…

 

モノマネをやめてくれという要望を声高らかに拡散するのは自由ですしそれに関して私が意見することもありませんが、これはちょっとな、と思う呟きを見かけたらもし自分のフォロワーさんでもミュートまたはブロックするのでその辺は意見の違いとしてご了承ください。たとえ本人としては意見であっても書き方を見て、それは…と思う場合もあるので…

 

せっかく家潤も決まったしシンプルに自分が楽しめるオタ活ライフを送りたいと思います。じゅんちゃん、インスタとかでいいから顔みたいなーーーーー!!!!!

 

この世知辛い暮らしに潤いをください(土下寝)

ひまわりのような笑顔で戻ってきてくれるその日まで

 

新年明けましておめでとうございます。(おそーい)

 f:id:irohappy:20210111153039j:plain

※このひまわりが潤くんの笑った顔にみえました

 

最近ほとんど更新できてなかったのですが、Twitter同様にブログもお引越ししました。正直Twitterのアカウントが移動するとき、ついてきてくださる方は100~200人いるかいないかだと思っていたんですが、予想以上に多くの方が引き続きフォローしてくださってびっくりしました。ああ、本当に私のツイートを楽しんでくださってたんだなと嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

新年早々、また緊急事態宣言がだされましたね。ほんといつまで続くのか…

 

私は現在、仕事を探し中です。自分がやりたい方向性にいくのも難しい、かと言ってやりたいことなんてそんなあっちこっちに転がってるわけでもない。たとえば、その日暮らしで今日生きられるかどうか、そんな生活状況なら人間なんでもやるんでしょうけど、そこまで追い込まれた生活はしてない。となると、逆によけいな考えや悩みが増えて本当に迷子状態です。去年の間に見つけられたらよかったんだけど、そう簡単にはいかず年を越してしまいました。年齢的にもいちばん将来について壁にぶつかる時なのかもしれません。

 

そんな状況で家に居続けるストレス、あまりにも長く休むと人と関わるのも外にでるのも億劫になり恐怖感も増し、生活習慣は乱れさらに自己嫌悪し追い込まれる毎日。なんとか気持ちを切り替えてはいるけど、結構限界にきていて鬱々としていました。こういう自分のリアルな現状を話すことは恥ずかしくもあり情けないのですが、なんだかもういっか、すべて話してしまえと思って全部書き出したら少しは楽になるかも、そんな希望も抱きつつ書いています。それに、いろんな事情で辛い思いをしてる人がたくさんいると思うから。わたしの悩みなんて大したことないくらい辛い思いをしてる人は間違いなくいるから、自分の弱さをさらけ出すことが、また何かに繋がるかもしれないし…そんなことを思って。。。

 

このブログを書きながら嵐を流しているのですが、さっきたまたま流れてきたマイガールで涙が止まらなくなったんです。今の自分の状況に歌詞がリンクしてるわけでもないのに、ただ嵐5人の優しい歌声が、張り詰めていた私の心にじわ〜っと染み込んできて、気づいたら手で顔を覆ってわんわん泣いていました。温かくて嵐の声がどうしようもなく温かくて…声にならない感情が溢れる中泣かせてくれました。歌声だけで全身に入っていた力がすーっと抜けて楽になる、彼らはアイドルであると同時に素晴らしい歌手です。

 

あらためて去年の大みそかを振り返ると、ああついにこの日がきた、とまだ信じたくないような信じられないような気持ちで迎えました。やっぱり寂しかった、とにかく寂しかった、、こんなに楽しそうで幸せそうな5人が本当にいなくなってしまうのかと…4人は見れてもそれぞれ別々なわけで、やっぱり私は5人の嵐が大好きだったんだと年の瀬に嫌になるほど実感したのです。ただ、それとは別に潤くんが”少しゆっくりします”、そう言ってくれたことが、私は寂しさより安堵感を覚えていました。もちろん寂しいけど、この21年間の彼の働きを考えるとやっと休めるのではないか、歳を重ねたとはいえまだ30代、この先長い人生ずっと第一線で潤くんが活躍するためにも今、このタイミングしかないと思いました。こんな状況にでもならない限り彼は休める人ではないから、正直ホッとしたんです。

 

潤くんはアンテナが多すぎるから、常にいろんな人の感情と状況を把握し出来る限りみんなのために動いてきてくれたと思います。根っからの気遣い屋さんでみんなが笑顔で幸せでいてくれることを本気で願っているようなロマンの詰まった人なんですね。そこまで理想追い求めてどうすんの?そんな言葉を投げる人もいるかもしれません、だけど潤くんのその飽くなき探究心や細部にわたる気遣い、これでもかというくらいのサービス精神、彼の生き方が人の心を動かしてることは紛れもない事実で、彼の存在が光となり誰かの力になってることも事実だから、私は誰になんと言われようとこれからも潤くんの生き方をリスペクトしたいし味方でいたいです。

 

いろいろ自分のことも語ってしまったけど、じゅんくんが戻ってきてくれるその日まで私も踏ん張ってがんばろう、そう思ってます。嵐を聴きながらこれ書いてる間にそういう気持ちになれました。そして、いま流れているのはDaylight、まさに希望で溢れるわたしが大好きな曲です。

 

ありがとう、嵐。活動休止してもなお、あなたたちの残してくれた宝物は私を癒し慰め包み込んでくれました。これからも代わりはいない大切な存在です。

 

 

そして潤くん。

美味しいものを食べて、たっぷり寝て、太陽の光を浴びて、ゆっくりお風呂に浸かり、たくさん友達と会話し、好きな映画をたくさんみて、お酒を飲んで、、そんな当たり前の日常を過ごし、自分をとことん愛する時間になりますように…

 

ゆっくりね、まってるね

 

Yeah 勝ち目なんてもう全くない状況

灯りの見えぬ道路

かすか光る非常灯

希望と信じ進む航路

方向示し続ける僕のノート 僕のノート

 

Don't stop rolling

誰か泣いてる

Don't stop rolling

痛み抱いてる

Don't stop rolling

道がいまは開いてる

 

Don't stop rolling

"Believe in myself"

Don't stop rolling

未来へ誓って 過去が未来照らしてく

※ 初めまして

 

初めまして、Irohaと申します。

松本潤くん贔屓の甘やかし隊です。長い年月、芸能界にいながら変わらず自分の色をつらぬく純粋でまっすぐな潤くんが好きでしかたないモンペです。嵐は物心ついた頃から当たり前にテレビでみていたホッとする存在で、あの5人にしかだせない空気感とグループとしてのバランスが大好きです。活動休止後も陰ながら応援しています。

誰かのファンをやっていると色んな意見があります。とくに嵐のようにファンが多いとそれだけ情報量も多く、自分自身も考え込んでしまうことがあります。ですので、自分の気持ちの整理+同じように悩む人の心を少しでも軽くできれば、と思い書かせていただいています。もちろん全ては私の主観ですが、なるべく心地よい場所にできれば…

 

アイドルは限りあるもの。

“嵐”が続いていく限りは彼らの味方でありたい…

 

そんな想いを胸に自分なりの言葉をつむいでいきます。普段はTwitterに生息しています。リプ、DM、マシュマロなどは気軽に送ってください。

2021. 1.1  Iroha

SNSの疲れと同時に感じた温かさ

 

今日は、1日中寝てました。精神疲労には睡眠が1番だと知ってるから、とにかく寝て今は少しスッキリ。寝すぎて頭がぼーっとしてるけど…

 

昨日、アップした記事からいろんな人からメッセージもらいました。みんなしんどいはずなのに、温かい励ましの言葉や私を包み込んでくれる優しい言葉の数々…じーんとしてウルウルしてしまった。私はただの一般人で、連絡をくれた人の中に実際会ったことがある人もいない。それなのに、しんどいんです助けてくださーいって言ったら、こうやって助けてくれるんです。

 

あらためて人間しんどい時は素直に助けを求めるべきだな、と…それを甘えだとか、かっこ悪いとか、みんなに迷惑だとか、そうやって色々気にしすぎて出来ずにいたけど、今の私は自分を変えようと思っていて…そういう意味では良い変化を実感できました。かまってちゃんだと思う人もいるだろうし、面倒くさいと思う人もいるだろうけど、そういう人たちは私に関わらなければいいだけだから、好きだよ、味方だよ、なんでも言ってね、そう言ってくれる人たちの言葉は素直に受け取りたいし、感謝したい。その代わり私も誰かがしんどい時は寄りそってあげたいし、その時私にできる最大限のことはしてあげたいと思う。そうやって支えて、支えられてでいいんだなって気持ちがホッとしました。 

 

誹謗中傷や社会の疲れで自殺する人も多い、こんな世の中だけど…温かい光を見つけて、例え会えなくても側にいてくれる人の手を握って支え合いながら、前を向いていけたらなと…こうやって落ち込んでもいいし、悩んでもいい、立ち止まってもいいから、また歩き出せることが大事ですね。「嵐」というご縁で繋がってくれた人たちだけど、いい意味でそういうこと関係なく人間関係の問題としていろんなことを学ばせてもらってます。自分がしたことは、自分自身に返ってくる、誠実に人と向き合うことが自分を助けてくれることにもなるし、そうしている自分のほうがやっぱり好きだなと思いました。

 

本当にありがとうございました。ただのひとり言として更新しておきます。

ノイズだらけの現状

 

ものすっごい久しぶりな記事なのにこんな内容なの嫌だし、ごめんなさいだけど、もういいやって思って好きに書きたくなりました。楽しいものだけ見ていたい人は見ないでください、私のせいで誰かの心をマイナスなほうに引っ張りたくないので。

 

昨日呟いたことに関して少しだけ話そうと思って…キーボードカタカタしてます。先に言っておくと私自身が何か言われたわけではないのでご安心を…心配してくださった方ありがとうございます。簡単に説明すると、あるJ担さんのツイをスクショで晒して悪口をツイートしてたN担(Jアンチ)がいて、それを見たときになんだか猛烈なマイナス感情に襲われました。※そのJ担さんは愚痴垢でもなんでもないただ純粋な私も大好きな方だったのでショックが大きかったです。

 

 

愕然としちゃったんです…嵐ファンはここまで落ちたのか…そう思いました。もちろん、これまでも一部のアンリ―に対していろいろ思うことはありましたが、今回はまた全然違う感覚で…もうなんか言葉にならなかったです。嘆くことしかできなかった。最近Voyageが配信されたばかりで、それを観てからの今回のことだったので、嵐がこんなにもガムシャラに頑張ってる意味は何だろう?本当に何も、何1つ伝わっていないのか、そう思って愕然としたんです。そういう人たちからしたらゴコイチを望んでないしどうでもいいのかもしれませんけども…

 

何が悪くて誰がどうだとか、そういうことはもう置いといたとしても、本当に収拾つかないレベルにまできてしまったんだな、というのを如実に感じました。嵐がバラバラになったほうがファンも落ち着くのか?とも考えたし、このドロ沼で嵐ファンをやっていくことが初めて嫌になりました。もちろん過去にもいろんなことがあって、あーもうファンやめたほうがいいのかな、なんて思ったことはあったのですが、嫌になったのは初めてかもしれないです。

 

みなさんはどう感じているのだろうって、、いやもうね、正直1人じゃ抱えきれなくて、シンプルに助けを求めにきたんです……泣 なりふり構わずゴールまで駆け抜けるつもりだったのに予定外ですほんとに…ファンって、人間って怖い。アイドルにとってファンが1番の味方なはずなのに、こじれるととことん敵になるこの現実。

 

誰が悪いの?

誰のせいなの?

何が本当の原因なの?

そんなものあるの?

 

ほんとに?

 

なんだかやりきれない思いでいっぱいになってしまいました。コロナで世界中が荒れてる中でヲタ活までこんなのしんどすぎます。みなさんも自分のメンタル守ってくださいね、何かあればまたメッセージください。

「嵐」から離れてみた結果


だいぶご無沙汰しております。気づけば最後に更新したのは去年の年末頃でした…久しぶりすぎて忘れられてるかもしれないけれど、ここ数ヶ月のことを綴っていきたいと思います。


昨日から新年号の「令和」に突入し、なんだこの明けましておめでとう感はとなっていますが、1月の終わりに発表された嵐の活動休止報道。


あれから3か月・・・


いろんな想いが交差し、悲しくて悲しくてあの日は1人でいられなかったり、かと思えば会見でいつも通りの嵐に安心してさらに好きになったり…嵐のせいでどれだけの感情を引き出されるのだろうと彼らの存在の大きさを実感したり…でも実際、休止まで2年あって今までと変わらずにレギュラー番組は放送してるし、5人が5人のままいつも通り笑っているから、本当に活動休止するんだよね?と実感が薄れてしまったり…なんだかよくわからない心情でした。


意図していたわけではありませんが、ちょうど仕事の忙しさや私情も重なり、嵐から離れることになっていたわけです。結果として離れていたというだけなんですが、もしかしたら心のどこかで火が消えかけたのかもしれません。嫌いになる要素はどこにもなくて、ファンやめる感覚もなくて、でもこのままフェードアウトするかもしれないなーと思ったのも事実です。あとは、実際に活動が休止する日をむかえる前に今から離れたほうがいいと思っていたのかもしれません。正直自分の気持ちがよくわかっていません。今回のことは本当にファンにとっては大きなことで、どんな選択にも正解はないし逆にどんな選択も正解なんだと思います。


フォロワーさんの中にもこれを機に一度考えるって人は多かったように思います。


VS嵐嵐にしやがれも歌番組も何も観ない日が続き、もちろん嵐をみなくても生きていけます。勝手に1日は終わっていくし、勝手に次の日も来て何も変わらない毎日。ただこれはいいのか悪いのか、彼らの知名度の大きさにより、見ようとしなくても目に入ってくる瞬間がそこら中に溢れていました。番組みなくてもCMでみるし、なんなら画面みてなくても声だけで嵐だとわかってしまう。沁みついたものって恐ろしい、生活の一部って恐ろしい、離れても嵐はいなくなりませんでした。嵐にまったく関係ない動画をみていても、過去に散々みてるもんだからすぐオススメとかに上がってきてしまう…


嵐って一体なんなんだろう…?言ってしまえば、なんで会ったこともない他人なのにこんなに私は彼らを知った気でいて、日常のありとあらゆるところにいるんだろう?なんてとてもくだらない自問自答をしたこともありました。国民的アイドルってこういうことなんだと改めて実感して、ファンを辞めるとなったら本当に厄介な存在だと思いました。


嵐はわたしにとって世界で1番離れるのが困難な「他人」でした。


いろいろあって落ち込みながら、潤ちゃんの動画みてたらかわいくてかわいくて、なんでこの人こんなに天使なんだろうって原点に戻ったような疑問がでてきました。じゅんは何があってもかわいい、見てない間も変わらずかわいい、あのかわいさで毎日誰かを癒して、誰かの心を潤していく。この人はずっとそうやって生きていくんだろうな、なんて漠然と考えたりしました。活動休止までにまたどういう風に感情が動くのかはわかりません。


未来のことだから何もわからないけど、ラブソー聴いて涙がでるのも、5人の笑顔をみて癒されるのも永遠に変わらない事実なんだと思います。みんなと繋がって、私のことを好きでいてくれる人もいるから、そこから離れるのもやはり困難でした。


だから、もうしばらくよろしくお願いします。

嵐を笑って応援し続けるために…

 

今年中にあと1回更新します、というのを有言実行しにきました。

 

とにかく2018年は本当にいろんなことがあった年でした、こんなに多くの嵐ファンの方とお話しできたのも初めてです。お茶の間勢なので、直接お会いすることはなかなか難しいのですが、Twitter上だけでもすごく濃い会話ができて本当に楽しかったし、感謝しかありません。

 

潤担としてアンリーの存在に悔し涙を流し、ぶつけようのない怒りを感じてきた私ですが、同じように苦しむ潤担や他担の皆さんの心を軽くできないかと、そう思って大好きな「文章を書く」ということで私経験から自論を発信してきました。どうせ嵐ファンやるなら幸せな気持ちで応援したい、そのほうが絶対幸せだと、嵐も複雑な顔したファンに応援されるより、自分たちを見て幸せいっぱいに笑ってくれるファンのが嬉しいだろうな、そう思って・・・あんなくだらない、誰かのストレス発散や捻じ曲がった承認欲求のために優しい嵐ファンが傷つくことはとても無意味なことに思えたのです。

 

あの人たちのために腹を立て涙を流すことになんの意味があるのだろう…?

 

潤担が怒り狂って泣いたところでアンリーは絶滅するのか…?

 

それこそあっちの思うツボなのでは…?

 

いろんなことを考えました。自分の人生経験上、他人を変えることができないのはわかっているつもりです。とくに全く話の通じない人間に何を言っても無駄なことぐらいある程度の人生経験がある人ならそのやるせなさを理解してくださるかと思います。結局は自分の捉え方を変えるしかない、相手に負けるとか、諦めるということではなくて…いかに自分自身が幸せに過ごしヲタクを楽しむか。自分を守るために切り替える、私が考えていたのはただそれだけでした。

 

1番大事にしなければいけないのは自分の心だと思うんです。それが出来て初めて他人を思いやることができるのではないでしょうか。強くなりたければ、自分を大切にすること。私はそう思っています…

 

「強さは優しさ」だというのは本当だと思います。潤くんはとても優しいから強いのだろうし、絶対にブレない軸が背中に1本通っている、そういう潤くんがわたしは大好きです。

 

余計なお世話ですが、自分よりも若い世代の方にたちにもなるべくそうであってほしいと願います。

 

潤くんが大切にしているenjoy」精神。この言葉の本当の意味を理解して意識して生きている人がどれだけいるのかわかりませんが、本当に大切なことだなと実感しています。潤くんに出会って学んだことです。

 

あまりみんなが触れたがらないアンリー絡みのことを発信する上で、批判の声も覚悟はしていたのですが、この1年批判の声は1つもありませんでした。確かに言葉にはかなり気をつけているつもりです、ただ、ハッキリ言うところは言わないと伝わらないし誰の心にも響かないと思うので強く主張したこともあると思います。それでも、来るメッセージはどれも温かいものばかり、嬉しくて泣いてしまいそうなものばかりでした。そんなみなさんの優しさにたくさん救われました。

 

もうすぐ平成が終わり、新しい時代がスタートします。嵐も本チャンの20周年、何かがまた始まりそうな予感がしますね。嵐はまだまだこれから、という勢いと強い覚悟を本人たちから感じます。私自身も嵐の背中を追いかけてまだまだ人として成長していきます。みなさま本当にお世話になりました、この出逢いに心から感謝します。来年も一緒にワイワイ楽しく嵐を応援できたらと思います。これからもブレずに、「いろは」を貫き通していきますので、どうかよろしくお願いします。私と関わると幸せになるのでどんどん関わってください。笑

 

みんなが笑って新たな年を迎えられますように…

それでは、良いお年を!!!!!

 

2018.12.28 いろは