いろはにほへと

思いつくままに……

家潤と例のモノマネについて

 

2023年 NKH大河ドラマ

「どうする家康」

主演 松本潤

「2023年 松本潤まつ」の画像検索結果

おめでとう!!!!!!!!

 

潤担が息を吹き返した瞬間だった、やっぱり潤くんからのサプライズは予想を遥かに超えたとんでもないスケールのものだった。「どうする家康」ってタイトルがまたいい、大河は少しハードルを感じるけどタイトルから抜け感があってとっつきやすそう。潤くんの場合、名前と顔ですでに天下とってしまってる感はあるけど、潤くんが思い描く家康をどう演じるのか、そしてどんなメッセージを込めてくるのか本当に楽しみにしてます。

 

それに潤担にとってこのお仕事の最高の特典は”1年間松本潤が観れる券”がついてくること!こんなに素晴らしい特典ありますか?ほんとありがとうございます。嵐が活休するまで出演の返事を待ってもらったというのもほんとね、潤くんだよね……彼の人柄をそのまんま表した行動で泣けちゃったな。2023年ということでまだしばらく先の話で今は会えないけど、その間に他のお仕事で会えるかもしれないしゆっくり待つ潤します。

 

 

そんな潤ちゃんからファンへの激励

 

ファン「じゅーん!会いたいよ寂しいよ!」

 

じゅん「……頑張ってください 笑」

 

 

めちゃくちゃ塩~~~~!!!!!!!!

 

でもすんごい愛感じるのこれが潤ちゃんだよね、照れ隠しもあるだろうし近しい人こそ雑に扱うで有名な彼なのでかわいいよほんとかわいいよmy baby~~~!!!!!

 

 

 

 

話はガラっと変わり、例のモノマネについて少し思うことがあるので触れてます。大丈夫な方だけどうぞ……

 

 

 

去年からざわついてて、前のアカウントのマシュマロで「いろはさんはどう思ってますか?」と聞かれたので、”やめてほしいと思ってます” そうお答えました。少クラでモノマネをやり始めたときはとっても好きだったんです、純粋に面白かったしジャニオタだけしかわからない身内ネタみたいな感じで一視聴者として楽しんでました。2015〜2016のカウントダウンで潤くん本人とコラボしたときも潤くん自ら寄せにいってる優しさも感じていたし微笑ましくみていました。ですが、地上波でやり始めてから目につくようになり、シンプルに昔のほうが面白かったのと先輩たちへのリスペクトも感じていて、今のモノマネをみてると全く潤くんがしてない動きを入れてたり、もはやモノマネでもない?となると多くの潤担からしたら、ネタに使われてるだけ、バカにされてる、そう捉える人が出てきても致し方ないと思ってます。彼が元々潤くんを尊敬していたのは本当だと思うし今も好きなんでしょうけど、明らかなビジネス臭しかしなくなったことで、私も見方が変わってしまいました。

 

ただ、彼のモノマネへの気持ちとは別に、、この間のVS魂でMCとして彼にネタを振った相葉くんが、手を振ってまつじゅ~んと言ったこと、それに対して不快に感じたのか相葉くんにまで冷たい言葉を投げてる人を見かけました。たしかにあれがニノなら「似てねーよ」とツッコんで笑いにしたかもしれないし、翔さんなら俺が怒るよ、と反論したかもしれない。嵐のメンバーには強く否定してもらいたい、その気持ちはわかるけど相葉くんも最終的に「それは叩かれるわ」と笑いにかえて上手くその場を終わらせていたので、まあしょうがないよなと思っていました。

 

今回のことで相葉くんに怒りの矛先が向くのはおかしいなと思ったし、モノマネしないで、そう意見してるだけならいいけど、その一線を超えてハードな物言いをしてる人も見かけたのでこれは一歩間違えると怖いなと思っています。些細なことからあちら側に転げ落ちるのは簡単だし、”意見”の範囲で終わってくれたらいいな、というのが本音です。少しずつ発言がエスカレートしてるのは本人がよっぽど意識しないと気づけないだろうし、そういう意見の人は同じ意見の人と固まるだろうからよけい見境なくなるのは本当に危険だなと思ってます。

 

いま、潤くん本人が見れないのでよけいそういう感情に拍車をかけてる気もしますが…

 

モノマネをやめてくれという要望を声高らかに拡散するのは自由ですしそれに関して私が意見することもありませんが、これはちょっとな、と思う呟きを見かけたらもし自分のフォロワーさんでもミュートまたはブロックするのでその辺は意見の違いとしてご了承ください。たとえ本人としては意見であっても書き方を見て、それは…と思う場合もあるので…

 

せっかく家潤も決まったしシンプルに自分が楽しめるオタ活ライフを送りたいと思います。じゅんちゃん、インスタとかでいいから顔みたいなーーーーー!!!!!

 

この世知辛い暮らしに潤いをください(土下寝)